MENU

じゅんさい

ゴールデンウィークが終わって、和食の世界は夏にジャンプ!

 

〈特選〉生風じゅんさいが入って来ました。

生風じゅんさいという商品名でいろいろ商品化されていますが、当社でご愛顧頂いている〈特選〉生風じゅんさい

発色が良いのでこれじゃないと嫌(`ε´)」

と強く愛されています。

じゅんさいの魅力であるヌルが多いのもお奨めポイントです。

さて、「じゅんさいは大きいのと小さいのとどっちが良い?」と聞かれたことがあります。答えは小さい方が高級です。

今日紹介する商品はサイズが判る写真も貼付してます。商品選びの参考にしてください。

 

じゅんさい水煮〈特上〉(固形量250g/総量300ml)

良い値段の瓶入りじゅんさいです。

値段が値段なので拘りのある店主に愛されています。

と書くと、ニッチと捉えられそうですが、当社では売れ筋です。有難うございます<(_ _)>

 

じゅんさい水煮〈T葉〉(固形量450g/総量550g)

T葉のTは特(toku)の頭文字でしょう。

先の300ml瓶とはメーカー違いで、こちらの方がお値ごろです。

 

じゅんさい水煮〈М葉〉(固形量450g/総量550g)

M葉は並(middle)サイズ、葉の大きさが一目で違います。

値ごろで良く売れる商品です。

 

徳用じゅんさい水煮(固形量1200g/総量1800g)

大葉といいますが、容赦なく雑葉と書く人もいます。

お値段推しの商品〈徳用〉です。

繊細な小鉢などには向きませんが、定食の赤出しでツルンとした食感で初夏を感じられるなら儲けものです(*^_^*)

 

注)国産生じゅんさいは、季節性が高く、相場変動も激しいため掲載しておりません。都度お問い合わせください。