佐渡の花もずく(予告)

今日、もずくの確保のお願いで佐渡島に電話をしました。

佐渡は新潟の沖に浮かぶ島です。

絶滅が心配されるトキの繁殖・放鳥をしてたり自然の豊かさが特徴で、

暖流と寒流の接点にあるため多彩な水産物にも恵まれています。

5年ほど前に佐渡で出会ったもずくが美味しかったので、商売用に分けて頂いたのですが、今年も売っていただけるようにお願いの電話をした次第です。

もずくというと沖縄が市場の9割を占めています。温暖なので太めで、養殖して巨大なバキュームでぐいぐい吸い上げて収穫します。

いっぽう、

佐渡の花もずくは、女もずくともいわれ、細くて柔らかい食味が特長です。

天然のもずくは漁獲量が少なく、時期に嵐がつづくと収穫出来ずに終わることも有る貴重品です。

佐渡の観光資源として現地で消費されるほか、関東に流れるため、岡山県民には幻の食材かと思います。

入手できるかどうかは天候次第ですが、ゴールデンウィークくらいには送ってくれると思うので、もう暫くお待ちください。