初鰹~生姜塩!

 

今朝、高知の漁港に初鰹が揚がりました。

※写真は昨年の夏の物です。

※写真は昨年の夏の物です。

高知県は日本一鰹を消費する県であるが、

鮮度の良い鰹のタタキを食すとき、タレではなく、塩で食べるのが流行り。

店頭には塩タタキの文字が躍る。

 

さて、

今日ご紹介するのは生姜塩

これをぜひ鰹のタタキに使ってほしい。

高知県は生姜の生産シェア4割を誇り、この塩も高知県産の生姜を使っている。

 

鰹のタタキの起源は諸説あるが、明治時代というものから、ぐんと遡って山内一豊、長宗我部元親の時代=戦国時代という説もある。

いずれにしても、クリックひとつで宅配される時代とは異なり、食文化というものは、その土地で採れる食材の組み合わせで発達してきたのは間違いあるまい。

であるなら、鰹のタタキは生姜がある前提で進化してきた訳で、

タタキと生姜の相性が良いのは当然であろう。

 

高知の文化 & 高知の特産 をお楽しみください。