鉤わらび・こごみ

雪を割るように芽吹くフキノトウを見ると、春の訪れを予感し、わくわくしますね。

吉井川の土手で腰を屈めている女性がいるので、もしや!と注視すると、やはりツクシの群生地でした。

サイクリングの途中でしたが、脚を休めて、ツクシ採りに夢中になりました。

桜が満開になる頃にはツクシはたけてしまうので、

今日は、これからのシーズンを彩る山野草のご紹介です。

 

鉤わらび / 鉤わらび(紫)

土から頭をもたげた首が鉤のように曲がっていることから、わらびの芽を鉤わらびと云うそうです。

緑色と紫色があり、

どちらも固形量140g、70本入りです。

あしらい、山菜ごはんや、椀物にどうぞ。

 

こごみ

クサソテツの若芽は、人が前かがみに縮こまっているように見えることから、こごみと呼ばれます。

アクが少なく、味も癖のないものです。

固形量440g

天ぷらや唐揚げにどうぞ。

 

4~5月が旬の食材です。

どうぞ宜しくお願いします。

 

蛇足 : これらの造形は眺めてても飽きが来ませんが、いずれ葉を伸ばし、恐竜時代の森のようになると、ただうっそうとするのみ、夏になるんですよね・・・