鯖のへしこ

鯖のへしこ
今日は福井県の観光物産館に行くと溢れてるアレのご紹介です。

へしこは山陰海岸から若狭海岸に至る広い範囲で主に漁師さんたちに受け継がれてきた青魚、糠、塩を用いた発酵食品(糠漬け)で、その歴史は古く起源は鎌倉時代にさかのぼるようです。
生で食べるのが最もおいしい食べ方ですが、糠が焦げつかないように軽くあぶってもおいしく頂けます。鯖に付いている米糠は鯖の旨みを多く含んでいますので、軽く手に取る程度にしてください。

《調理例》
◆糠を落とし、水洗い、身をスライスして刺身で頂きます(*^_^*) 大根スライスを乗せて、レモンを絞ると良いですよ。
◆アンチョビ(鰯の塩辛)のパスタの応用で、へしこのパスタ
◆あたたかいご飯のお伴に、お茶漬けにもGood。